本文へスキップ

薬剤治療研究部では、細胞治療や遺伝子治療を含む成育医療における新しい薬剤治療の開発、薬物評価系の開発、治療法の確立していない成育疾患の薬物標的分子の探索・機能解析を通じ、成育医療における薬物療法の基礎研究を行っています。

当研究部の研究にご興味をお持ち頂いた方、研究に関するお問い合わせ、当研究部での研究への参加を希望される方(学生、研究生、共同研究者、実験補助員、研究員、学術振興会特別研究員等)は、 まずは中村(nakamura-kz[at] ncchd.go.jp)までお気軽にご連絡下さい。
現在、当研究部では研究員、研究補助員を募集しています。詳しくは募集のページをご覧ください。

当研究部は、埼玉大学大学院理工学研究科の連携大学院です。埼玉大学大学院理工学研究科の修士課程、博士課程に入学して、当研究部での研究が可能です。

TOPICS新着情報(2020年以降)     

2022年11月
田中理恵子研究員が第35回日本動物実験代替法学会で発表を行いました。
2022年9月
中村和昭室長が日本動物学会第93回早稲田大会で、シンポジウム「実験動物から探る動物の行動と精神機能」を企画、座長を務めました。
2022年7月
田中理恵子研究員が日本組織培養学会第94回大会で発表を行いました。
2022年6月
中村和昭室長が第49回日本毒性学会学術年会で、シンポジウム「精度の高い発達神経毒性評価を目指した 研究アプローチ」を企画、座長を務めました。
2022年6月
清水稀惠らの研究成果が Neuroscience Research誌に掲載されました。
2022年5月
田中理恵子研究員らの研究成果が Biology of the Cell誌に掲載されました。
2022年4月
新年度になり、メンバーの異動がありました。
2022年3月
中村和昭室長が、第21回日本再生医療学会総会の共催学術セミナー1「変形性膝関節症を根本から治す!〜産学共創による同種軟骨細胞シート開発〜」で講演を行いました。
2022年1月
清水稀惠(博士後期課程)らの研究成果がNeuroscience Research誌に掲載されました。
2021年12月
田中理恵子研究員が第44回分子生物学会年会で発表を行いました。
2021年11月
田中理恵子研究員が第34回日本動物実験代替法学会で発表を行いました。
2021年10月
清水稀惠(博士後期課程)が日本動物心理学会第81回大会で発表を行いました。
2021年9月
田中理恵子研究員が日本組織培養学会第93回大会奨励賞を受賞しました。
2021年9月
清水稀惠(博士後期課程)が第92回日本動物学会オンライン米子大会で発表を行いました。
2021年7月
田中理恵子研究員が第48回日本毒性学会学術集会で発表を行いました。
2020年11月
清水稀惠(博士後期課程)が日本動物心理学会第80回大会で発表を行いました。
2020年9月
清水稀惠(博士後期課程)が第91回日本動物学会で発表を行いました。
2020年9月
中村和昭室長が著者として参加した「細胞培養実習テキスト(第2版)」(株式会社じほう)が刊行されました。
2020年5月
東京医科歯科大学の藤原武男教授との共同研究の成果がFrontiers in Psychiatry誌に発表されました。
2020年3月
中村和昭室長の執筆した「再生医療のためのヒト間葉系幹細胞の安定供給」が医学の歩み「間葉系幹細胞の基礎と臨床応用」(272巻10号)に掲載されました。
2020年1月
研究員として、田中理恵子 がメンバーに加わりました。

バナースペース

国立成育医療研究センター研究所
薬剤治療研究部

〒157-8535
東京都世田谷区大蔵2-10-1

TEL 03-5494-7120 (内線4663)

スマートフォン版