患者・ご家族の方へ


2015年7月より、診断のつかない小児の患者さんについて、
最新の機器を使い、DNA(ディーエヌエー)を調べて診断の手がかりを探す
研究プロジェクト 
小児希少・未診断疾患イニシアチブ(IRUD-P;アイラッドピー)
が始まりました。

このプロジェクトは、通常の診察、検査で診断がつかない際に、
患者さん、ご両親から約5mL〜10mLの採血を行い、DNAを調べます。

このプロジェクトでの検査(DNA解析)について、患者さんご家族の費用の
負担はありませんが、DNA解析が有効かどうかなどの判断や、
登録手続きなど、主治医の先生を通じて参加いただくシステムと
なっております。
参加ご希望の方は、主治医の先生に「IRUD-Pリーフレット」や
このウェブサイトをご紹介、またはご相談ください。